マジックザギャザリング買取.jp

最新版!MTG買取業者ランキング!!

MTGの買取業者をお探しの方必見!おすすめランキングはこちらをクリック↓

MTG買取業者ランキング

MOX(モックス)調整版の買取価格は高い?効果と強さについて解説【MTG】

緑の宝石とピンセット

MTG(マジックザギャザリング)好きの皆さん、こんにちは!

 

MTG大好きの管理人です!

 

MTGカードの中には強力かつ、なんとも言えない魅力を持っているカードが多数存在します。

 

その中の一つとも言えるカードが、「MOX(モックス)」と呼ばれるカード。

 

今回はそんなMOX(モックス)の調整版カードの情報について徹底解説していきます。

 

  • MOX(モックス)調整版とは?
  • MOX(モックス)調整版の買取価格は?

 

といった内容についてまとめておりますので、ぜひ最後まで見ていって下さいね!

 

MOX(モックス)調整版とは?【MTG】

4つの色のダイヤモンド

まずはMTGでのMOX(モックス)について説明します。

 

MOX(モックス)とは、0マナで使えるアーティファクトであり、それぞれマナを生み出す能力を持つカードのこと。

 

このため、土地とは別にマナの発生源を作れること、土地ではないためほとんどのカードに1ターンで出せる枚数の制限がないなど、ゲームではマナ加速の基盤として大きく活躍します。

 

モックス自体はMTGの初期から登場しており、その強力さゆえ条件などの変更が入りつつも現在も新しいMOX(モックス)カードが収録されたりもします。

 

また、それぞれのカードが美しい宝石のイラストとなっており、そのデザインもコレクター間での人気の理由の1つ。
その魅力から、MOX(モックス)のアクセサリーを作る人もいるようです。

 

こちらは後ほど紹介する「モックス・ダイアモンド」のメンズジュエリーだそう。凄いですね・・惚れ惚れしれしまいます。カッコよすぎます。

MOX(モックス)の歴史について

宝石

ここで、モックスの歴史について紹介していきます。

 

MOX(モックス)が一番最初に採用されたのは、1993年に発売されたMTG最初のセット「アルファ」版

 

当初はカードゲームのルールすらしっかりとしたものがなかったため、強力過ぎるカードや貴重な効果を持つカードがたくさん存在しました。

 

当初アルファ版、ベータ版、アンリミテッド版に収録されていたMOX(モックス)のカードは、

 

  • Mox Pearl
  • Mox Sapphire
  • Mox Jet
  • Mox Ruby
  • Mox Emerald

 

の5種類となっています。
カードのイラスト等は描きの通り。

 

Mox Pearl

MTGカード モックスパール

 

Mox Sapphire

MTGカード モックスサファイヤ

 

Mox Jet

MTGカード モックスジェット

 

Mox Ruby

MTGカード ルビー

 

Mox Emerald

MTGカード エメラルド

 

それぞれタップすることで、一番上から順番に白、青、黒、赤、緑のマナをそれぞれ1つ生み出せます。

 

これらのカードはリスクもなくマナ基盤を展開する上で非常に強力で、デッキに入れないとゲームに勝てないと言われていたほど。
当初MOX(モックス)以外にも強力すぎた4枚のカードを含め「パワー9」と呼ばれており、MTG界を象徴するカードとなっています。

 

また、パワー9については下記の記事をご参照下さい。

⇒⇒【パワー9とは?】マジックザギャザリング(MTG)最強カードについて解説

 

そして、これらのあまりに強力なMOX(モックス)カードに変わり、使用する際の条件によって調整されたモックスが登場します。
その例は下記のカード。

MTGカード モックスダイアモンド

アーティファクト
モックス・ダイアモンドが戦場に出るなら、あなたは代わりに土地カードを1枚捨ててもよい。そうしたなら、モックス・ダイアモンドは戦場に出る。そうでないなら、それをオーナーの墓地に置く。
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。

 

こちらのモックス・ダイアモンドはパワー9のモックスと同じく好きな色のマナを1点生み出せますが、代わりに手札の土地カードを1枚捨てる必要があります。

 

しかし、それでも土地1枚と引き換えに好きな色のマナを1点生み出せることは強力です。

 

このように調整版でも変わらずの強さを誇るMOX(モックス)ですが、他の調整版カ―ドはどのようなものがあるのでしょうか?

 

次の項目で調整版MOX(モックス)を買取価格も含め一覧にしてまとめてみました。

MOX(モックス)調整版のカードと買取価格一覧

1、モックス・ダイアモンド/Mox Diamond

MTGカード モックスダイアモンド

アーティファクト
モックス・ダイアモンドが戦場に出るなら、あなたは代わりに土地カードを1枚捨ててもよい。そうしたなら、モックス・ダイアモンドは戦場に出る。そうでないなら、それをオーナーの墓地に置く。
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。

 

買取参考価格⇒20,000円〜22,000円

 

まずはこちらの「モックス・ダイアモンド」から。

 

パワー9のモックスを調整し、条件として戦場に出たタイミングで手札から土地カードを一枚捨てる必要があります。

 

しかし手札の土地を1枚捨てるだけではあまり調整が取れておらず、パワー9とそこまで変わらないぐらい強力です。

 

ちなみに、下記の「収穫のワーム」との相性は抜群。

MTGカード 収穫のワーム

クリーチャー ? ワーム(Wurm)
収穫のワームが戦場に出たとき、あなたの墓地にある基本土地カードを1枚あなたの手札に戻さないかぎり、それを生け贄に捧げる。
3/2

 

土地を回収する能力でデメリットを帳消しにできますし、土地とモックス・ダイアモンドを戦場に出せば1ターン目からプレイできてしまいます。

 

2、金属モックス/Chrome Mox

MTGカード 金属モックス

アーティファクト
刻印 金属モックスが戦場に出たとき、あなたの手札にあるアーティファクトでも土地でもないカードを1枚、追放してもよい。
(T):その追放されたカードと共通する好きな色のマナ1点を加える。

 

買取参考価格⇒4,000円〜5,000円

 

先程のモックス・ダイアモンドを更に調整して作られたのがこの「金属モックス」。

 

戦場に出た時、土地とアーティファクト以外のカードを手札から追放し、追放したカードと同じ色のマナを生み出せるようになるというもの。

 

モックス・ダイアモンドと異なり出せるマナが単色となっているので、単色デッキに向いているカードです。

3、モックス・アンバー/Mox Amber

MTGカード モックス・アンバー

伝説のアーティファクト
(T):あなたがコントロールしている伝説のクリーチャーとプレインズウォーカーの中の好きな色1色のマナ1点を加える。

 

買取参考価格⇒3,000円〜5,000円

 

コントロールしている伝説のクリーチャーかプレインズウォーカーの中から好きな色のマナを出すMOX。

 

他のMOXに比べ戦場に出た時の条件はないものの、好きな色の対象となるカードの条件は高め。

 

加えてモックス・アンバー自体も伝説のアーティファクトなので、戦場に1枚しか出せなかったりと、マナ加速への貢献度的には疑問が残る1枚です。

4、モックス、タンタライト/Mox Tantalite

MTGカード モックスタンタライト

アーティファクト
待機3  (0)(あなたの手札からこのカードを唱えるのではなく、あなたは(0)を支払い、時間(time)カウンターを3個置いた状態でこれを追放してもよい。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、これをこれのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
(T):好きな色1色のマナ1点を加える。

 

買取参考価格⇒400円〜500円

 

こちらは戦場に出るまで3ターンかかるMOX。

 

MOXの強みである即効性に完全にかけているので、このカードを採用するならほかのMOXを使った方が良い、といった所。

 

買取金額も他のMOXに比べ低めです。

5、オパールのモックス

MTGカード オパールのモックス

伝説のアーティファクト
金属術 ― (T):好きな色1色のマナ1点を加える。この能力は、あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているときにのみ起動できる。

 

買取参考価格⇒4,000円〜5,000円

金属術が条件となっており、アーティファクトを3つ以上コントロールしている時のみに能力の起動が可能なカード。

 

特にアーティファクト土地などとかなり相性が良く、神話デッキなどでも活躍するカード。

 

他の0マナアーティファクトと組み合わせても加速度は上がります。

 

6、水連の花

MTGカード 水連の花

アーティファクト
待機3 (0)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(0)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
(T),睡蓮の花を生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ3点を加える。

 

買取参考価格⇒1,200円〜1,500円

こちらはMOXではありませんが、能力が似ている部分があるのでご紹介。

 

パワー9の中でも最も価値のあるブラックロータスの調整版として作られたカードで、調整として待機待ちが追加されています。

 

マナを生み出せるのは3ターン後となっておりタイミングがなかなか難しい所はありますが、それでも好きな色のマナ3点を生み出す能力は強力。

 

ラストもブラックロータスに劣らず美しいカードです。

MTGカードを買取に出すなら?

トレトク トップページ

 

ここまでMOX(モックス)カードの買取価格についても解説をしましたが、MTGカードを高額で売る際に重要となるのが「買取店」です。

 

管理人もMTGを長く続けていると使わないカードを売ることは頻繁にありますが、いつも利用しているお店として「トレトク」があります。

 

トレトクはトレカ専門の買取店であり、特にMTGカードの買取にかなりの力を入れているお店。
利用者は何と160万人を超えるそうで、多くのMTGプレイヤーにも利用されています。

 

自宅からカードを送るだけで買取ができてしまう宅配買取も便利ですし、送料、梱包キット代、手数料が一切かからないのも嬉しい点。

 

カードの価値もプロのスタッフがしっかりと見極めてくれるので、買取金額も割と高額だったりするのもありがたいです。

 

 

また、トレトクについては下記の記事で体験談等含め解説しておりますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

⇒⇒トレトクの買取評判は最悪?実際にMTGカードを買取に出してみた【2020年最新版】

おまけ:ジョークで作られたMOX(非公式)

調整版でもなお圧倒的な強さを誇ることの多いMOXですが、公式使えないジョークカードも登場しています。
今回紹介するのはそのうちの2枚ですが、MTGらしいユーモアの溢れるカードとなっています。

 

1、ack-in-the-Mox

MTGカード in-the-Mox

アーティファクト
(T):6面ダイスを1個振る。この能力は、以下の効果の1つを持つ。
1 - Jack-in-the-Moxを生け贄に捧げ、あなたは5点のライフを失う。
2 - (白)を加える。
3 - (青)を加える。
4 - (黒)を加える。
5 - (赤)を加える。
6 - (緑)を加える。

6面ダイスを振り、出た目によって効果が変わるカード。
6分の1の確率で自分が大爆発してしまいます。笑

 

Mox Lotus

MTGカード Mox Lotus

アーティファクト
(T):(∞)を加える。
(100):好きな色1色のマナ1点を加える。

こちらはプレイするために15マナも必要となるカード。

 

ただ、一度戦場に出してしまえば無限にマナを生み出せる超ぶっ壊れカードです。

まとめ

モックスシリーズはMTGの中でも人気のカード。
それでいてゲームで使うもよし、買取に出すも良しですが、貴重なカードなので手に入れた方は大切に保管しておくようにしましょう!(もちろん他のカードもですが・・!)

 

MTGカードには他にも魅力的なカードがたくさんあります。
当サイトではMTGの魅力的なカードなどについて解説した記事を数多く掲載しておりますので、気になる方はぜひ見てみて下さいね!